About Us

2011年設立。医療系大学オーケストラ(医オケ)の出演者が中心となって、数ある弦楽合奏の名曲を演奏するために結成しました。団員は50名程度です。

当団体は関東の医療系大学の学生が多く所属していますが、医療系以外の学生や、社会人も参加しています。

共通するのは、勉学・実習・仕事などで忙しい中でも、弦楽合奏によるアンサンブルを追求したいという思いです。共通の思いを持った皆で顔を合わせて練習を重ねることで、医弦でしか体験できないアンサンブルを満喫しています。

チャイコフスキー・ドヴォルザーク・エルガーの三大弦楽セレナーデは勿論のこと、ヴィヴァルディなどのバロックから、シェーンベルクなどの現代曲まで幅広い時代の曲に挑戦しています。また、他の医オケでは演奏されることのほとんどない、バッハやモーツァルトの協奏曲や、管打楽器の奏者も招いての古典派交響曲も演奏しています。

これらの曲に真剣に楽しく取り組むことで、音楽の幅を広げていけることもまた喜びです。

​​冬季に催す定期演奏会が活動の中心です。​

7~8月頃、次回演奏会に向けて欠員募集(エントリー)を行います。

演奏会の約4ヶ月前から練習を開始し、指揮者による合奏の他に、団員主体の合奏やパート練習等を行います。場所は主に都内の大学施設で、月3~5回程度の頻度です。

その他、有志が集まって室内楽演奏会を催すこともあります。

医弦創立時からの取り組みとして、全曲座席(プルト)固定、団員主体の練習、出席率ダービーなどがあります。これらは医オケでは珍しいもので、よりよいアンサンブルをすることを目的としています。

指揮 藤村政芳

経歴:

北海道出身。東京藝術大学卒業後、新日本フィルハーモニー交響楽団フォアシュピーラーを経て、現在東京フィルハーモニー交響楽団第2ヴァイオリン首席奏者。土方恭之、浦川宜也、ベラ·カトーナの各氏に師事。

東京フィルハーモニー交響楽団での演奏の他、ポピュラー系のレコーディングやライブでのストリングス参加から、古楽器の演奏に至るまで幅広く活躍中。また、筑波大学管弦楽団、東京女子医大室内楽団、慶應義塾大学医学部管弦楽団、北日本医科学生オーケストラ、関東医科学生オーケストラ、医科学生コンチェルトオーケストラ等のトレーナーを務めている。

医系弦楽オーケストラアンサンブルでは第一回から指揮を担当。医オケにおける弦楽器セクションのレベル向上を目指し、毎回完成度の高い演奏を目指している。

© 2023 by The Berkshire Trio. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now